第2話

2
朝のホームルーム
「今日は転校生を紹介する」
先生はそう言って教室のドアに向かって手招きした
途端に教室が華やかな雰囲気に包まれたようになった
スっとした顔立ちの綺麗な女の子…
「自己紹介よろしく」
先生の言葉を合図にその女の子は教卓に立った
星宮 莉子
星宮 莉子
星宮莉子ほしみやりこ…よろしく
一言そう告げた
「他に…なにかないのか?好きな物とか」
星宮 莉子
星宮 莉子
特にないです。
先生にスパッと言い返した星宮さん


何故だろう…




この人と友達になりたい…

そう思った