前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
朝 in教室
氷上 麗羅
氷上 麗羅
せーいなちゃん!
音城聖奈
音城聖奈
麗羅…おはよ
私に声をかけてきたのは幼なじみの氷上麗羅ひかみれいら


最近ずっと悩んでいることがある
氷上 麗羅
氷上 麗羅
聖奈ちゃん〜?
音城聖奈
音城聖奈
ん?なに
氷上 麗羅
氷上 麗羅
宿題見せてぇ!お願い!
パチンと手を合わせうるうるした上目遣いでこちらを見上げる麗羅
音城聖奈
音城聖奈
…はい

少し迷った故 麗羅にノートを渡した
途端にパァっと笑顔になる麗羅
氷上 麗羅
氷上 麗羅
ありがとうッ!やっぱり持つべきものは親友だね〜



…親友か


最近麗羅には便利屋みたいな扱いしか受けてない気がする

かといって、麗羅以外に友達なんか居ないし…


思わずため息を1つ零した