無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,204
2020/07/22

第1話

# Prologue…

「3日で落とす」





































私はその一言で、


すでにどこかに落ちていたのかもしれない。

























これは私の人生をかけた世紀の大恋愛?なのか


よくわからない物語である。



























彼にさえ出会わなければ、


私の人生は全く違う人生になっていたかもしれない


































彼は私の人生を狂わせた、犯人なのだ。



















「 お前。絶対俺に落ちるからな。 」




















SixTONESmain