無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

587
2020/08/09

第19話

# 🐻










『 今日は、どこ行くの??? 』













慎太郎「 ん?教えてほしい? 」













『 え〜笑 どーしよー 』
















慎太郎「 そーいやー、さ? 」














『 ? 』














少し悩んでる慎くん。




















慎太郎「 松村…ってやつ大丈夫? 」




















ふふッ♡

嫉妬してるんだッ嬉しい!
















ちょっと、イジワルしちゃお〜笑笑



















『 …あのね。実は… 』


























『 北斗のこと、好きになっちゃったの。 』


















顔色を変える慎くん。









あ、ちょっとやりすぎちゃったかな?






















『 うそうそッ!あなたが好きなのは慎くんだけ! 』












慎太郎「 もう、おどかすなよ〜 」












そんなこんなで、今日もいつも通りだけど、

スペシャルなデートを終了する…と





















慎太郎「 ねえ、待って。 」















『 ? 』














帰ろうとした瞬間、手を取られる。























慎太郎「 …もうひとつ行きたい場所、ある。 」
















もちろん!行くしかない!

















『 うんッ!いこいこ〜! 』















すると、指を刺す。




















慎太郎「 あそこ…でもいい? 」























指を指したのは……ホテルだった。