無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,155
2020/07/27

第12話

# 🔞




















北斗「 あなたの幼馴染みの家でこんなコト。
こーふるんするね? 」





















『 いやッ、大我帰ってきちゃうッ 』





















北斗「 その時は、見せびらかす?笑 」




















『 変態ッ 』






















そう言うと、一気に北斗のモノを入れられた。




























もちろん、


ローターで犯され続けた私の下はすんなり入った。


















北斗「 入っちゃったなあッ 」














『 いやあッ 』






















そう言うと、動くのを止める。
























北斗「 いやなんでしょ?抜いてあげよっか? 」


























そう笑顔で言われる。



















『 もっとッ、激しくッして欲しいッ 』




















北斗「 欲しがりさん♡ 」
















そう言うと、とんでもないスピードで出し入れされる

























『 あんッあんッああんッ♡ 』
























北斗「 ははッ可愛なあ// 」

























『 無理ッ、いっちゃうッ 』
























北斗「 いけよッ 」



















ビクビクビクッ


















でも、北斗はまだ動き続ける。

























ガチャ
















大我が帰ってきた。





























大我「 ただいまー…って、え? 」























見られてしまった。