無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,055
2020/07/28

第13話

# 🔞




















北斗「 あ、きょーもとッ笑笑 」























大我「 なんでこんなことしてるの? 」




















北斗「 あなたのことが好きだから 」





























大我「 じゃあ…









































俺も入れてよ。 」






























『 はあッ? 』





















大我「 俺、北斗よりあなた好き歴長いから 」

























北斗「 ほー、望むところ。 」
























大我「 あなたッ、好きだよ。 」





















そう言うと、濃厚なキスをしてきた。
































味わったことのない、大人なキス。























『 大我ッ 』




























大我「 あなた本当に可愛い。 」



































そう言うと、私の蕾をじっと見ている。































これ、触られるより恥ずかしい…//
































『 んッ// 大我ッ♡ 』



























大我「 なあに?笑笑 」
















『 触ってッ 』































大我「 お望みどーりに笑笑 」
























激しく触る。























『 激しいッ♡大我ッ 』



























大我「 そろそろ…かな? 」