無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

あの時ああしてたら今頃は
てきとーに歩きながら、今までの事を振り返った。

教師の夢を諦めてすとぷりとして4年間活動して、

たくさんの人が僕を、僕達を見てくれた。

配信始めた頃とかは閲覧数も全然で。

すとぷりとして活動し始めてもメンバーが辞めたりとか、色々あった。

時には自分の選択に自信が持てなくなって。

教師を諦めて良かったのかなとか、思った日も………まぁ、あった。

けどだんだん周りも認めてくれて。

実際数字は伸びて。

あそこにいた時は楽しかった。

僕はこれで良かったのかな。

ちゃんと病気のことをみんなに話せば、

リスナーさんに話せば、

もっと違う未来があったのかもしれない。

せめて親に話せば、もっと穏やかな最期を迎えられたのかも。
これこそタラレバ、だよなぁ………w
大切な人を傷つけて。

僕を認めてついてきてくれた人達を裏切って。

けど僕は不器用だから、こんな方法しか出来なかった。
ごめんなさいっ…………
河原について、カバンから包丁を出した時。
???
…………ったく、何してんの
???
僕らにあんなこと言っておいて先に逝くとか許しませんから
よく聞きなれた、大好きな人達の声がした。