無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

余命1年の僕 3話
???side

LINEにて
???
ねぇねぇ
???
ん?
???
◯◯はさ、ころちゃんが本心であんなこと言ったと思う?
???
思わないよ。けど脱退したかったのは本当なんだろうなって推測してる。
???
同じく
???
ころちゃんはすごく優しい人だから。きっとメンバーには言えない事情があるんでしょう。
???
……………なんか分かるの?
???
ん~あくまでただの憶測だから確信は持ってないけど、
???
どうしてもすとぷりから…ネットから離れないといけない理由―余命宣告されてたり、とか?
???
え、?
???
分かんないよ?ただの憶測だから当たるわけないけど。けどころママに連絡して、家とは全く関係ないってことは既に確認済み。だったらころちゃん1人の問題だよ。だとしたらまぁ病気とかなんじゃないかなって。
???
…………そっ、か
???
余命宣告………されてるわけないと、思うけどね。
???
明後日って何も用事ないでしょ?
???
うん。
???
ころちゃん家、行こう?
???
分かってるよ。僕も会いたいしね
???
さすがだね



































???
るぅちゃん
ふふっ、やっぱ信号機なんだよな~ね!莉犬!
莉犬くん
そうなんだよな~やっぱ信号機なんだよな~
www
莉犬くん
www
じゃあ明後日の朝9時にころちゃん家の前でね
分かった
**ころんくんside**
これからどうしよう

なんかもう……生きるのも辛くなっちゃった、

スマホはLINEの通知でうるさいし………。

もううんざりなんだよ。

やめてよ、

ほっといてよ。

………………………。




















🔍️辛い 解消 方法


検索結果 リストカット

リスト……カット……
聞いたことはある。

手首にカッターで傷をつけるやつね。

痛そう……だけど、リスナーさんはそれで楽になったって言ってたな。
カッター……どこだっけ、
カッターは買ってなかったか。

買いにいかなきゃ……外行くのダルいなぁ。

けどまぁコンビニなんて歩いてすぐだし。

行くか、
***
外に出ると、むわっとした湿度と気温の高い空気が僕を包んだ。

気づいたら夜が明けてたみたい。

どれだけぼーっとしてたんだろう。

まぁあの後はずっとベッドで横になってたんだけどね。

動画編集もしなくて良くなったし。

部屋閉めきって真っ暗にしてたから時間分からなかった、
暑………
早く帰ろう。

真っ暗な部屋に居たからか、目が眩んだ。
???
……ころん
***
無事カッターを買って、家に帰るところ。

包帯とか買わなかったけど大丈夫かなぁ。

ま、いっか。

血が止まらなくて貧血になって死ねるならそれもいいかも。

そんなこと考えながら家に着くと、家の前にメンバーが居た。

僕の姿を確認して、そっと歩いてくる。
???
………ころん
えっ?
さ、とみくん?
さとみくん
…………あれ、本心で言ったわけじゃないんだろ?
な、なにが……
なんでさとみくんがここに居るの?

てかそんなこと聞くためにわざわざここまで……?
さとみくん
ころんがメンバーやすとぷりのこと、理由もなく傷つけるわけないし。
い、言ったじゃん。脱退したいって。なのに今更……
さとみくん
脱退したいんじゃない。脱退せざるを得ない、の間違いだろ?
?!
………………。

さとみくん、確かにそうかもしれない。

けど脱退したいっていうのも本当なんだよ。

だって病気なんだって知られたら。

みんな僕のこと捨てるんでしょ?
さとみくん
……カッターでも買ってリスカしようってか?
……………っ
さとみくん
俺を頼ってくれよ。なぁ、俺はころんの相棒じゃなかったのか?
…………………
唇を噛んで、俯いた。

全部話したときに、拒絶されるのが怖い。
???
………ころちゃん、?