無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

みんなが見た夢
気づいたら僕は、知らない家に居た。

いや、知らなくない。

ここは紛れもなく、



















莉犬くんちだ。
るぅとくん
ころちゃん?
さとみくん
なにぼーっとしてんだよw
莉犬くん
話聞いてた?w
なんでみんな普通に接してくるの、?

もしかして夢の中……なのかな。。。
な、なんでもないよ……続けて、
なーくん
んーもぉじゃあ最初から説明するよ?
明日の公式放送で、七夕にちなんでお願いごとをするの!だから考えといてって話!
去年もこんなことしたっけな。

懐かしい。

僕の今の願い、かぁ……。

こんな僕が祈る資格なんてないかもしれないけど。
(リスナーさんもメンバーたちも幸せになれますように)
ジェルくん
……ころん?
ん?あ、ごめん
ジェルくん
いや……大丈夫?
大丈夫だよニコッ
ジェルくん
そ、そっか
………みんな楽しそうだなぁ。

僕もここに居たかったよ。
………グスッ
さとみくん
?!
莉犬くん
え?!ころちゃんどしたの?!
なーくん
なんで泣いてるの?
るぅとくん
大丈夫ですか?
ジェルくん
どしたー?ほな、とりあえず落ち着きぃや
……………
これが、こんな幸せな時間がもう夢になってしまったこと。

みんなと居られるのが幻になっちゃったことが悲しくて、寂しくて。

涙が止まらなかった。
……みんなありがとね
だから、伝えられなかったことを伝えようと思った。
さとみくん
やけに素直だなぁ笑
莉犬くん
…………?
るぅとくん
ころちゃんどうしたんですか、?
何があっても大好きだから………グスッ
なーくん
へ、?
ジェルくん
ほんまにどした?
頑張ってね、応援してる
さとみくん
いやいやお前も頑張るんだよw
莉犬くん
そうだよw
なーくん
…………なんかあった、?
大丈夫です
ねぇ神様。

もし本当に願いが叶うなら。

僕の病気を治して下さい。

そしたら僕、前よりもっともっとたくさんのことを頑張れるから。

すとぷりに戻れるかは分からないけど、戻れなくてもいい。

またネットで活動したい。

だから。

お願いします。。。。
*******
はっと目が覚めたら、いつも通り部屋にいた。
なーくん
…………なんなんだったろ、あの夢………。ころちゃん居たときあんな会話したっけ?
なーくん
………まさかころちゃんが……まぁないか笑
なーくん
ころちゃん……余命があるならちゃんと言って欲しかったな。今度お家行ってみよっかな。。
******
ジェルくん
………………
ジェルくん
……ころん
ジェルくん
…………………………
********
さとみくん
……………
さとみくん
ごめん、
さとみくん
死ぬ前にまた会いたいな、ころん
*******
莉犬くん
…………ころちゃんってば。
莉犬くん
素直じゃないんだから………。
莉犬くん
そう思ってるなら素直に言いなよ…。
莉犬くん
俺らも同じこと思ってるよ
********
るぅとくん
……………
るぅとくん
ころちゃん………いや、ころん先生。
るぅとくん
会いに行っても、良いんですか……?
*******
遅刻したけど七夕の色んなお話読んでたら思いついたから書きました、

少し伏線になるかも。。。。

てか他のやつ全然更新してなくてごめんなさい、

ちょっと気持ち的に今書けなくて。。。

書ける時に更新するので………ごめんなさい、

じゃあまた!