無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

君は何処へ?
結論から言うと、僕の予想は正しかった。

ころちゃんは既に鞄を持って家を出ていて、

携帯は床に転がったまま。

パソコンは完全に電源が落ちており、

ドックフードの準備すら出来ていなかった。
莉犬くん
たぴちゃん暫くご飯食べてないね
なーくん
マジか、莉犬くんわかる?
莉犬くん
大丈夫大丈夫。えーといつもあげてるのは……これか、これだったら……少し多めにこんぐらいかな?はい!たぴちゃんどーぞ!
たぴちゃん
ワンワン!
たぴちゃんの世話をする莉犬を横目に見ながら、部屋を少し見て何を持ち出したか確認する。
なーくん
るぅとくん何かわかった?
とりあえずお金は持ってったみたいですね。どこか遠くにでも行くつもりなんでしょう。スマホないから当てはないと思いますが。
なーくん
………………そっか、
なんだろう、何か引っかかる。
莉犬くん
………るぅとくん、ころちゃんって包丁買ってないの?
ん?いや、1本はあるはずだけど
莉犬くん
ないんだよね……ころちゃんさ、






















「自殺するつもりなんじゃない?」
…………………!
なーくん
……………嘘……でしょ?