無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

余命1年の僕 8話
るぅとくん
………ころちゃん、?
あっ……
バレた………。
莉犬くん
全ては、これが原因だったんだね、?
そうだよ。
なわけないじゃんw僕こんなに元気だよ?
真実なんて、話すもんか。
るぅとくん
ころちゃん嘘つかないで下さい。ここにバッチリ病院名も書いてあるんですから。
ドッキリだって、ドッキリw二人ともすーぐ騙されるんだからw
早く帰ってよ。

僕なんかに構わないで。
莉犬くん
ころちゃんがこんな手の込んだドッキリ仕掛ける訳ないでしょ。だったらすとぷり辞めたのはなんでなのさ?その後配信もしてないのはなんで?TwitterもInstagramも更新してないのは?YouTubeの毎日投稿は?
…………っ
もちろん辞めたのは、意味がなくなったから。

あと1年しかリスナーさんともいられないのに、その1年を僕なんかに使ってほしくないし。

第一、もう頑張る気力がない。

未来の無い僕に、努力は不必要だから。

……………なんて、言わないけど。
…面倒くさくなっちゃっただけだよ
二人
ころちゃんの嘘つき!
…………僕の負け、かぁ。

隠せると思ったんだけどなぁ。
…………あーわかったわかった。二人の言う通りだよ。莉犬くんの持ってる診断書は本物。だから僕は、もうメンバー達に会うつもりも無いしネットに浮上するつもりもない。るぅとくんと莉犬くんに会うのも、今日が最後だよ。
莉犬くん
えっ………
るぅとくん
な、なんでですか?
残り1年しか無い僕なんかに構わないで、前を向いて走ってほしいから。

そして僕も、1年間でこれまでのことを振り返って独りで逝きたい。

「もっとあんなことしたかったな」なんて、思いたくないからさ。

だから、
…………さよならニコッ
僕は二人を無理やり引っ張って玄関の外に出すと、鍵をかけて閉じこもった。

最後まで酷いことしてごめんね。

こんな弱い僕を許してください。
*****
その頃、ディスコにて。
さとみくん
俺こないだころんに会いに行ったんですけど。
なーくん
…………っ
ジェルくん
は、
さとみくん
なんか、辛そうでした。俺は結局ころんに怒鳴って帰ってきちゃいましたけど、多分すとぷり辞めたのは……ころんに、何かあったんじゃないかなって……。
さとみくん
ジェルも、あの時は結構酷いこと言ってたけどさ。分かってるだろ?ころんが理由もなく悪口言うような奴じゃないって。
ジェルくん
………………
なーくん
……ころちゃん、何かあったのかな。
さとみくん
今日来てないるぅとと莉犬は、きっところんに会いに行ってる。あの二人なら、ころんの心を開くことができる……はず。
ピコン♪(LINEの通知音)
るぅとくん
『聞いてください』
るぅとくん
『ころちゃん、余命宣告されてます』
るぅとくん
『残り1年、らしいです』
大人組
!!!