無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6
2021/02/03

第2話

2話 ドラゴンのタマゴ
僕はそのタマゴを自分の部屋で育てることにした。でも僕はどんなタマゴか分からないから村にいる本好きのおじいさんのとこにある図鑑を貸して貰うことにした。
「おじいさん図鑑借りるね!」
「おぉ!いいぞぉ!何を調べるんじゃ?」
「ないしょー!」
僕はそう言うと急いで家に帰った。

……To be continued