無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
11
2021/02/03

第4話

4話 孵化
それから半月後。ぼくはそのタマゴを毎日温め続けた。するとある日突然、中から物音がした。
「あれ?物音が聞こえる…もうすぐ生まれるのかな?」
そう思っているとひびが入り始めた。
「やばいやばい!うまれるうまれる!」
僕は大忙しでタオルなどを準備した。
それから30分後、タマゴからは僕が見たことない生物が出てきた。

……To be continued