無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

陽炎9











































気がついたら、
泣いていた。













サグワは










俺のせいで











こうなってしまったから。

































俺はベットへ駆け寄ると、


サグワをの手を


握りしめた。
































サグワが目を覚ますまで、

















この手は絶対に離さない。
































だから。






























どうか。

























眼を覚まして。



















そのうち、
imigaもジェニーも帰っていった。






















二人きりの、














静かな病室。





































繋いだ手に

力を入れ、













サグワにそっと







キスをする。




















静まり返った病室に、





虚しく響く







リップ音。

























その音に
思わず涙が出た。
















ぎゅっと眼を閉じ、
涙を堪えようとしたその時。
サグワ
サグワ
何してんの親方w
ワタナベマホト
ワタナベマホト
え?







夢かと思った。






















でも、
サグワの手の温もりは
夢じゃなくて。
ワタナベマホト
ワタナベマホト
サグワっ
思わずぎゅっと
抱きしめた。



すると
サグワも抱きしめ返してくれて。
ワタナベマホト
ワタナベマホト
ばかっ!! もう、目を覚まさないかとっヒック
おもってっヒック


しゃくりあげながら、
思わず出た本音。





それをサグワは、
優しく受け止めてくれて。
サグワ
サグワ
親方を置いて、行けるわけないでしょ?
























嗚呼。










やっぱり、






俺の隣は
サグワが1番。



























それから、






二人で




















愛を誓った。





















その後
俺とサグワは、
お揃いの
タトゥーを入れた。

"Even if two people can fall anywhere now
if it is hell,for example"



























"今なら二人で 何処へだって堕ちていける
そこが例え 地獄だったとしても"