無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

れんげそう1
🚫この話は学パロです。苦手な方はブラウザバック。












放課後。
誰も居ない校舎の裏で、
一人ため息をつく。

みぞおちの痛みは、
まだ収まりそうになかった。


制服の袖を捲るとでてくる、
赤黒いあざ。
新しいものが多いそれは、
他人が意図的につけたものだ。



何時からだろうか。
こんな風に虐められるようになったのは。

記憶を思いかえしても、
思い当たる節はない。