無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

きすまーく4
サグワ
サグワ
ねえ親方
いつもと違って、不機嫌な声
俺、なんかしたかなあ
気になったため、問いかけてみる
ワタナベマホト
ワタナベマホト
あえて、素っ気なく






すると、想像していなかった言葉が
サグワの口から告げられた
サグワ
サグワ
親方はさあ、キスマだけで充分なの?
ワタナベマホト
ワタナベマホト
はっ!?








しばらくの沈黙。


の前に。







サグワ、お前何言ってんの!?
サグワのイメージが崩れていく。

・・・。こんな肉食系男子だったけ?







空耳である事を信じ、もういちど聞いてみる
ワタナベマホト
ワタナベマホト
いや、どーゆーこと?
サグワ
サグワ
だーかーら、







ドサッ












次の瞬間、サグワの顔と天井がどアップになった