無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

きすまーく1
いつものように動画を撮っている。




いや、いつもとちょっとだけ違う。何故なら。

今日の企画に原因がある。

今日の企画は、サグワにキスマを付けてもらわないと、成り立たない!

いやだって俺さ、サグワ好きだもん!
好きなヤツにキスマ付けられるって、どーなの!?
いくら俺だって恥ずいもんは恥ずい!!
ワタナベマホト
ワタナベマホト
サグワー!!ちょっと来て!!
サグワ
サグワ
どーしたの?親方
名前を呼ぶと、眠そうに部屋に入ってきたサグワ。
目がトロンとしているせいか、いつもより色っぽい。

落ち着け。落ち着くんだ!いくらキスマとはいえ、相手はサグワなのに!
気が付くと、顔に熱が集まっていくのが分かった。それ自体が恥ずかしくて、息を吸い込む。
ワタナベマホト
ワタナベマホト
キスマーク、付けてくださいっ//
サグワ
サグワ
なーんだ、そんなことかあ
サグワ
サグワ
いいよ((ニヤッ