無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

びたーちょこれーと4
仲間屋を出ると、俺は真っ先にコンドームとローションを買いに行った。
ローションとかはマホトのでもよかったんだけど。





なんか嫌じゃない?
マホトのこと思いながらヤってって言ってるみたいで。





























俺とヤってる時ぐらい、マホトのことなんか忘れりゃいいのに。

モヤモヤした気持ちで店を出ようとした時。
ある物が、俺の目にとまった。