無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

ぴんく・れもねーど4
ユーフェスの二次会が終わって
家に帰ると、膨れっ面のサグワが居た。

























サグワ
サグワ
親方のばかーーーーーーー!!
目が合った途端、
抱きついてきて。
ワタナベマホト
ワタナベマホト
えっちょっ、何??
戸惑いつつも、抱きとめる。

首にあたる髪が、ちょっとくすぐったい。


様子を見るに、拗ねてると思うんだけど…
ワタナベマホト
ワタナベマホト
サグワー?何でそんな拗ねてんの?
するとサグワは顔を上げ、
こっちを睨みつけた。