無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/10/27

第11話

11
ゆんぎ
お疲れ様でーす




気だるそうに体育館に入る












じん
あ!ゆんぎ ~





大きく手を振ってこっちに寄ってくれるひょん












いつもひょんが一番最初に挨拶してくれるんだよな











ゆんぎ
なんかいい事ありました?
じん
んんーㅎ
じん
後でわかるよㅎ
ゆんぎ




後で?











どういう事だ?












女子
じん先輩 ~ ♡
ゆんぎ先輩 ~♡




後輩まで来てるし












女子
かっこぃいいいいいい♡
女子
すきぃいいいいいいいいい













うるせぇな、なんて思って



















じん
ゆんぎや、面倒
くさそうな顔してるㅎ





さすがお見通し

























顧問「マネージャーが来ます」














じん
ニヤニヤ
ゆんぎ
じんひょん、気持ち悪いです
じん
ひょんだぞぉ??















ガチャ












ゆんぎ
(興味ねぇ)





マネージャーなんて正直誰でもいいし














うるさくなければいい











どうせマネージャーになるのはきゃーきゃー騒ぐ奴らだろ












俺らの顔目当てでな


















顧問「じゃあ自己紹介して」















次々とぶりっこ女達が自己紹介していく














興味ねぇっつーの、












ゆんぎ
早く終わらねーかな
じん
やー!ゆんぎ!そんなこと言っちゃいけないだろ??
ゆんぎ
だって事実ですもん






最後の自己紹介が来た時に















やっと終わると思った瞬間













みな
は、はじめまして…
みな
名井、みな、です



















俺の好きな声が聞こえた













NEXT!➯♡×7