無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

第十九話
リミナside
カト兄ぃが、お兄ちゃんに撫でられてた。羨ましかったけど、私何もしてないし、カト兄ぃみたいに、人に話かけてないしって、思ってたら、

《グゥ~~》

ってお腹がなった。恥ずかしい(///_///)
、、、、、、、、目線を感じると思ってたらお兄ちゃんが見てた。
少しして、お兄ちゃんが、小さな声で、
アカル
アカル
《ボソッ》
リミナ、皆さんに言って、ね?
恥ずかしいけど、、、、、、、、、カト兄ぃみたいに、頑張らないと!!!!
リミナ
リミナ
ご、ご飯が食べたいです。
って、頑張って言ったら、グルッペンさんが、
グルッペン
そういえば、忘れていたな。食堂に行くか。
リミナ
リミナ
《ボソッ》
お兄ちゃん、私頑張ったよ(≧▽≦)
アカル
アカル
うん、偉いね~(*^^*)(あぁ~、可愛い、可愛すぎない?)
(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)
作者
作者
はい、終わりです。
変なことで、切って申し訳無いんですが、終わりです。
また、明日~( ・∀・)ノ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

赤夏(あか)
赤夏(あか)
我々だ:ショッピ君、大先生、兄さん ワイテルズ:きりやん氏 ぴくとはうすさん推しの者です。よろしくお願いいたします。 みっくすぜりぃ No. 9 あと僕腐ってます! 僕の地雷↓ ヤンデレ、メンヘラ、推し様の攻め(ショッピ君と兄さんは大丈夫(笑)) 逆に好物↓ 推し様受け、メス墜ち、強姦、ショタ化、忘愛症候群ネタ(泣きながら見てます(笑))
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る