無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

第ニ十ニ話
しんぺい神side
リミナちゃんが言った一言で、ご飯食べてないことに気づいた。
お腹鳴らして紅くなっているリミナちゃん可愛かったな~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
しんぺいさんは、親戚の女の子は好きだよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、皆で食堂行ってたんだけど、アカル君とリミナちゃんの会話がかわいくて、僕死んじゃうかと思っちゃった。
んで、周りをみたら幹部の皆口押さえて悶えてた。意外だったよ。子供嫌いそうな、ゾムとかが悶えてたから。ショッピ君は、、、、、、リミナちゃん見た瞬間目かっぴらいてたから。フフッ
危険だと思ったけどね。




食堂着いたときのアカル君の考えてたことわかったな。僕も此処初めて来た時思ったもん、本当に食堂かよって、、、、、、、、、、、、
まぁ、それはおいといてアカル君無理していたな~ ん?なんでかって?アカル君の近くに行ったとき(キスしたとき)所々痣が見えたんだ。フフッ僕を舐めちゃいけないよ。
なんて考えていると、料理が出てきた。


やっぱり、アカル君無理していたな。だって全然料理に手を出さなかった。カトリー君とリミナちゃんも心配そうな顔してたからね。
そしたら大先生が、
鬱先生
あれ?食べへんの?
そう思うよね。だってアカル君は、カトリー君達のことしか言わなかったからね。
アカル
アカル
え、あの、食べてい、いいんですか?
鬱先生
食べたらいかんとか、誰も言っとらんよ。(*^-^)
って大先生に言われたら、アカル君は食べた。
そしたら、泣いていた。人の暖かさを感じて涙が止まらなかったのだろう。ん?なんで分かるかって?僕も同じ事があったからかな。
何故かわからない大先生達は、慌てていた。
僕は、それを笑顔で眺めてたよ。皆を見て和んでたさ。



(((UωU` *)(* ´UωU)))(((UωU` *)(* ´UωU)))(((UωU` *)(* ´UωU)))
作者
作者
はい、終わりです。(^-^;
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、すみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!
ネタが、ネタが無かったんですぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!(*´;ェ;`*)
本当にすみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!
遅くなりましたが、リナックス様、しかまろ様、がるる様、Cafeもか様、しぐれ様、彼方(かなた)様、あいす様、水樹様、ミルク様、アイ様、さくら様、葵様、みゆ様、まお様、♪かえで♪様、お気に入り登録ありがとうございますぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!
此れからも宜しくお願いしますぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

赤夏(あか)
赤夏(あか)
我々だ:ショッピ君、大先生、兄さん ワイテルズ:きりやん氏 ぴくとはうすさん推しの者です。よろしくお願いいたします。 僕の入っているファンクラブ みっくすぜりぃ No. 9 あと僕腐ってます! 僕の地雷↓ ヤンデレ、メンヘラ、推し様の攻め(ショッピ君と兄さんは大丈夫(笑)) 逆に好物↓ 推し様受け、メス墜ち、強姦、ショタ化、忘愛症候群ネタ(泣きながら見てます(笑))
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る