無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

第五話
ゾムside*
夜中、グルッペンに会議室に幹部全員集合ってインカムで伝えられたけん、何かと思ったら、子供を保護しろって、、、、

何か変なこと考えとるしかないな

と、思うほかなかった。




そうして、探し続けてねんけど、なかなか見つからんねん!!!!
って思ったら、子供の話声が聞こえた。
??
??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
、、、、そうだ!ご飯にしよう!
ん?
待てや、あいつら血まみれやん?!あの状況で飯の話?!俺と同じやん?!
??
??
やった~♪あいつら食うの?
??
??
せ~か~~い
マジかよ、、、、
人肉を食う家系で産まれた子供やん。あいつら連れてったら、俺ら大丈夫何かな?
??
??
お兄ちゃん、不味くない?
??
??
大丈夫!兄ちゃんがおいしく作るから!
三人
それより、そこに居るのは誰ですか?/誰だよ。/だ~れ?
?!
あいつら俺に気づいて?!
ふ、おもろいな
ゾム
カッハハハハハハハ
おもろいな、お前ら
《ボソッ》
グルッペンに言ったら、気に入るやろうな~
と、小さく言ったつもりだが、一番上だと思う奴の肩が動いた。
??
??
もしかして、幹部様ですか?
と、言った。
多分グルッペンの名前だけ知っとる感じやな。
じゃ、名前言っても大丈夫やな。
ゾム
おん、俺ゾム
??
??
私は、アカルと言います。
ほら、二人も挨拶して。
礼儀ええな。
??
??
俺の名前はカトリー!!!!
元気ええな。コネシマみたいや
??
??
リ、リミナです、、、、。
警戒されとんのかな、ちょいと悲しいな。
ゾム
よろしくな。
軍に入ってくれたらなかよ~なれるかな?
( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
作者
作者
はい、ゾムさんside*終わりです。
ショッピ
まだ出てないすかね?俺ら
作者
作者
本当に、本当に申し訳ございません。( ノ;_ _)ノ
ロボロ
ほんまなんなん?
ひとらんらん
俺も
オスマン
俺もめうぅ
兄さん
俺も
チーノ
俺も
しんぺい神
僕も
全員
まだ出さないんすか?/出さないん?/出さないの?
作者
作者
僕だって頑張ってるんですよ~!!!!
でも、話が進まないんです~!!!!
しんぺい神
次出してくれないと、アカル君掘るよ。
作者
作者
ん~、別にいいよ~
アカル
アカル
っざけんな~!!!!何で勝手に許可出してんだよ?!
つか、ここが長いんだよ!!!!
ここ長くするんだったら、話の方を進めろ!!!!
作者
作者
ひぇ~(>_<)正論イワレタ
長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。次は、夜に投稿しようと思います。
全員
じゃ、バイバイ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

赤夏(あか)
赤夏(あか)
我々だ:ショッピ君、大先生、兄さん ワイテルズ:きりやん氏 ぴくとはうすさん推しの者です。よろしくお願いいたします。 みっくすぜりぃ No. 9 あと僕腐ってます! 僕の地雷↓ ヤンデレ、メンヘラ、推し様の攻め(ショッピ君と兄さんは大丈夫(笑)) 逆に好物↓ 推し様受け、メス墜ち、強姦、ショタ化、忘愛症候群ネタ(泣きながら見てます(笑))
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る