無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog・*:..。o♬*゚
僕は落ちこぼれだ_。
家では暴力に暴言。
「お前なんか産まなきゃ良かった。」

知らないよ、産んだのは母さんでしょ
僕は別に産んでくれなんて頼んでない


「そんな育て方した覚えない」

育てたのは父さん、母さんだよ
残念だけど貴方達に似たんだ。


「(殴、蹴)」

最初は痛かった


学校では虐め。
「お前なんか生きてる価値ねぇんだよ」

僕だって生きたくて生きてるんじゃない


「死ね」

僕も死にたい


「(殴、蹴)」

もう慣れたよ_
毎日毎日、暴力を振るわれて暴言を吐かれる
毎日毎日これの繰り返し。
もう、苦痛でも何でもない



そんな毎日が続くある日、
君が外で震えた僕を助けてくれた。
まるで

捨て猫を拾うように__。







??「大丈夫か…?__」





その一言から僕の人生が変わる__