無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

☁️

次の日








全く寝れなかった。








ジン先生が頭の中にぐるぐると……








ママ
ママ
あなた!
いい加減、起きなさい!
(なまえ)
あなた
起きてるよ!
ママ
ママ
朝ごはん、食べて!
片付けられないじゃない!
(なまえ)
あなた
分かったってば!








そして、学校へ。









友達①
あなた、おはよー
(なまえ)
あなた
おはよー
友達②
どうした?
今日は寝不足気味?
(なまえ)
あなた
うん...
友達①
どうして?
(なまえ)
あなた
、、、寝れなくて。
友達①
へぇ〜。
あっ、聞いて!
(なまえ)
あなた
何?
友達①
私、家庭教師が今日から来るの!
なんか、、ジンっていう人だったかな?
(なまえ)
あなた
(ジン?ジンってジン先生の事?)
友達②
その人、結構有名らしいよ?
(なまえ)
あなた
そうなの?!
友達①
なになに〜?
あなたも、気になる?
(なまえ)
あなた
い、いやっ。 
友達①
そう...?







ジン先生に敏感になってしまった。








モヤモヤして、落ち着かない










NEXT