無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

☁️




︎︎ ︎︎
ママ
ママ
あら、先生!
どうぞ、入ってー!
ジン先生
ジン先生
失礼します。







なんか、暗い先生だな。









ママ
ママ
あなたは、部屋で待ってなさい。
(なまえ)
あなた
はい。







そして、数分後……










コンコン








(なまえ)
あなた
はい
ジン先生
ジン先生
失礼します。
(なまえ)
あなた
……あなたと言います。
ジン先生
ジン先生
キム・ソクジンです。
よろしくお願いいたします。
(なまえ)
あなた
よろしくお願いします。








優しそうで良かった。








でも、、、









ジン先生
ジン先生
さて、今日は数学です。







暗くて、、、なんか変な沈黙が続く。









(なまえ)
あなた
ジン先生?
あの、、、(なにか話さないと。)
ジン先生
ジン先生
はい?
(なまえ)
あなた
……ここ、分かりません。
ジン先生
ジン先生
そこは……







気まづい……!









NEXT