無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話







結局、その日は勉強出来なかった。











ジン先生が帰ったあとも、涙が止まらなかった。









ママ
ママ
あなた、どうしたの…?
(なまえ)
あなた
ジン先生が、、、
ママ
ママ
あなたも聞いたのね……
(なまえ)
あなた
どうしよう……
ママ
ママ
んー、それは先生次第よ……
(なまえ)
あなた
やだっ!死ぬなんて絶対に許さない!
パパ
パパ
あなた……
ママ
ママ
あら、パパ帰ってたのね。
いまから、ご飯にするわ。






そして、次の日、学校を休んだ。












NEXT