無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

☁️




次の日……









学校から走って帰り、









髪の毛を綺麗に結んで、









メイクをして、









少しだけ、オシャレして、、、









(なまえ)
あなた
あぁ!
ジン先生が来るだけなのに!
(なまえ)
あなた
もう!







すると、ジン先生が来た。








ジン先生
ジン先生
こんにちは。
ジン先生
ジン先生
……今日は、一段とオシャレだね。
(なまえ)
あなた
……かっ、可愛いですかっ?







……何、変なこと聞いてんの!








ジン先生
ジン先生
可愛いですよ。







ジン先生は、少しだけ微笑む。









その笑顔は、私のハートに❥~🔫









ジン先生
ジン先生
あなた、さん?
(なまえ)
あなた
は、はい!
ジン先生
ジン先生
大丈夫ですか?
お顔が真っ赤で……
(なまえ)
あなた
大丈夫大丈夫!
じゃ、勉強始めましょ!







それから、ジン先生が気になって、、、








ジン先生
ジン先生
あのっ、そんなに見られると、恥ずかしいのですが/////
(なまえ)
あなた
ご、ごめんなさい!
ジン先生
ジン先生
……あなたさん、、、
(なまえ)
あなた
はい?







ジン先生が、そーっと手を伸ばす。








NEXT