無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話






先生は、死なない。









絶対に、、、












そして、私は気づくとジン先生に抱きついていた。











ジン先生
ジン先生
あなた、さん?
(なまえ)
あなた
あっ、、ごめんなさい。
でも、、、少しだけこのままで居させて。
ジン先生
ジン先生
……ダメです。
(なまえ)
あなた
……ですよね。






私は、離れる。











ジン先生
ジン先生
あなたさん、、大丈夫です。
そんなすぐに居なくなるわけじゃないんですから。
(なまえ)
あなた
でも、、私はずっと一緒に居たい。
ジン先生
ジン先生
私も……いえ、もう私といるのは辞めたほうがいいかと。







えっ?










先生……そんな事言わないでよ。












(なまえ)
あなた
どうして?!
これからも勉強教えてよ!
ジン先生
ジン先生
今月いっぱいで辞めます。
(なまえ)
あなた
だめ!
絶対に、だめ!






私の心臓が激しく打っている。











ジン先生
ジン先生
もう、お母様にも伝えてあります。
……それでは。





先生は、逃げるようにして出ていった。












NEXT