無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

☁️
(なまえ)
あなた
えっ……
ジン先生
ジン先生
す、すいません。
引っ張りすぎました。
大丈夫ですか?
(なまえ)
あなた
は、、い。








ジン先生/////










すると、









コンコン









ママ
ママ
あなた、頑張ってる〜?
ママ
ママ
……って、え?








あっ、終わった。











私は、慌てて離れる。








ママ
ママ
あらヤダ〜ㅋㅋ
仲良くなっちゃって〜!
(なまえ)
あなた
え?
ジン先生
ジン先生
あなたさんは、とてもいい子ですね。
ママ
ママ
ありがとうございます〜!








そして、ママは出て行った。









ジン先生
ジン先生
あなたさん、大丈夫ですか?
鼻が赤いですね……。







ジン先生は、私の鼻をさする。









ジン先生
ジン先生
……可愛い。
(なまえ)
あなた
えっ?/////
ジン先生
ジン先生
いえ……
さっ、勉強始めましょう。
(なまえ)
あなた
はい/////




……なんだろう。








この、胸のざわめきは。









NEXT