無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ジン先生
ジン先生
私、あと一年しか生きられないんです。
(なまえ)
あなた
嘘でしょ?



こんなの嘘だ。






ジン先生
ジン先生
いえ、先日病院へ行き、余命宣告されたんです。
ジン先生
ジン先生
あなたさん……?







私の目からは涙が流れる。










ジンさんは、私にハグした。












ジン先生
ジン先生
大丈夫です。
あなたさんには、迷惑かけません。
(なまえ)
あなた
っ…、、死なないでよ、、!
ジン先生
ジン先生
……運命は決まっているのです。
(なまえ)
あなた
だからって……私から離れないでっ、








ジン先生のことが好きで好きで、、、











こんなに、好きになったの初めて。











だから、離れてほしくないっ。











NEXT