無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

☁️



次の日








ジン先生
ジン先生
これ、間違えてます。
(なまえ)
あなた
えっ?
ジン先生
ジン先生
4×7は?
(なまえ)
あなた
28……
ジン先生
ジン先生
これ、24になってます。
(なまえ)
あなた
……はぁ。






小さなミスが増えてくばかり。









(なまえ)
あなた
もう、やだ。
ジン先生
ジン先生
ダメです。
(なまえ)
あなた
もう、終わりたい。
ジン先生
ジン先生
ダメです。
(なまえ)
あなた
やだ。







私がシャーペン‪を離すと、









ジン先生は、私の手を掴み、








ジン先生
ジン先生
シャーペンは、離さない。
はい、書く。
(なまえ)
あなた
……はい。
これで、合ってますよね?
ジン先生
ジン先生
あなたさん。
(なまえ)
あなた
はい?
ジン先生
ジン先生
また、間違えてます。
(なまえ)
あなた
……もう、、やだ!







私は、部屋から出ようとしたが、









ジン先生に止められた。








手を握られてる……









ジン先生
ジン先生
諦めないで。
泣いてでも、苦手なものは克服しないと。
(なまえ)
あなた
っ、、嫌なものは嫌なの。
離して。
ジン先生
ジン先生
ダメ。
(なまえ)
あなた
もう、離して!







ジン先生の手を、振りほどこうとしたら、









思いっきり、腕を引っ張られ、









ジン先生の胸に、ダイブ。









NEXT