無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

995
2019/12/05

第3話

3話*_
公園__
はぁぁぁぁ
サスサス
ベンチに座り 口に手を当てながら吐息混じりなため息をしたあと




手をサスサスして温める、(((((伝われ




時計を見るともう9時を指している




家を出たのは7時30分。




「そろそろ帰ろうかな」



と 心の片隅で思っているも。。


「なに」 「ふーん」 「いってら」


こんな事を言う彼氏の所には帰りたくない、


帰ったら自分が負けてしまう。。。
あとちょっと。。。
そんなことを考えながらぼーっとしていると
え、
あなた。。
ゆっくりと目を開け、上を見ると
そこには。。




















.




















.
るぅとくん、?