無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

978
2019/12/09

第5話

5話*_
るぅとくん
じゃあ少し歩きますよ、
るぅとくん
車で来たので。
あ、はい。。




車に乗り_
るぅとくん
作戦って誰と考えたんですか?
じぇるくんだけど
るぅとくん
はぁ
小さい溜息を着いたあと
るぅとくん
だからか
そう呟いた
え、え、だめだった?
るぅとくん
いいえ
るぅとくん
なんとなく聞いてみただけです
るぅとくん
でも、こんな遅くに外に出ちゃダメですよ?
はぁい(・ω・`)





5分後_




るぅとくん
着きましたよ
え、ここ.....


窓の外を見ると



なーくんと私の家が。
るぅとくん
さすがに彼氏持ちの女の子をお家に止められませんし
るぅとくん
仲直りしてください。
わかった。。。
ありがと
るぅとくん
はい(  ˊᵕˋ  )
すぅーはぁー
ドアの前に立ち、深呼吸をする
よしっ
ガチャ
ただいまぁ(ボソッ)