無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,029
2019/12/03

第2話

2話*_
今日___






ほら。


まただ。



またスマホ。
(。・ˇ_ˇ・。)
なーくん
〜〜〜♪
こんな時のために、対策を考えてきたんだよねぇ(≖ᴗ≖ )♡







🥀____________🥀









一週間前__
カフェにて
ねーねーじぇるくーん(´・ω・`)
じぇるくん
ん、どした?
この人はじぇるくん。




なーくんの相方であり、私の唯一の相談相手
なーくんが最近 スマホばっかでさ~
じぇるくん
おん
かまってくれないんだよね。
じぇるくん
ん~じゃあさ
ん?
じぇるくん
作戦考えてみーひん?( ≖ᴗ≖​)
作戦?
じぇるくん
そ。作戦。
作戦かぁ
そういえば作戦とか考えたこと無かったな、、、
どんな感じの?
じぇるくん
んーじゃあたとえば~.......











🥀____________🥀









フフッ( ≖ᴗ≖​)
なーくん
じゃあやってみますかっ!




作戦の名前は、、



ででん!





押してダメなら引いてみる作戦~!






これはその名の通り私も塩になってみるのだ!






私砂糖だからできるかわかんないけど。。。
まぁ頑張ろ!
なーくん
なーくん
なに
いやいや




塩過ぎない?






まぁそんなことは置いといて、作戦実行!
出かけてくる
なーくん
ふーん
なーくん
いってら
え、え?




普通「どこ行くの?」とか「もう夜だし危ないよ?」とか言うところでしょぉぉぉぉぉ!
せめて心配くらいしてくれてもいいのに(ボソッ)
なーくん
いってきます。。
私は少しムキになって上着とスマホだけ持って家を出た