無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

766
2020/03/07

第9話

9話*_
主
どーも、
おひさしぶりです…
主
休んでいて本当にすみませんでしたぁ(;;)
主
あの、なんかなーくんがだんだん塩じゃなくなってる気がしまして、

ツンデレになってきちゃってるんですよ()
主
なのでたまに砂糖になるかもですが、お許しください(;;)
主
あの、 本当は大好きだけど強がっちゃって塩の対応しちゃうなーくん。 と
思っていただければ幸いです、
主
そろそろ作者はじゃまなので本編はいりますかっ!
主
それではどーぞ!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _
いただきます。
なーくん
いただきます。
・・・
あ、意外とおいしい。
なーくん
俺だって料理はするし。
こんな強がってるけど
本当は失敗したやつだけ自分で食べてて

上手く出来たやつだけ私のお皿にのっけてるんだよね、
んふっ
なーくん
なにわらってんの。
いーや?
ほんとにかわいい。


そーゆーとこ。




数分後
ごちそうさまでした。
なーくん
ごちそうさまでした。
なーくん
ふぅ
なーくんはおなかいっぱいなのか 少し食べ過ぎた と言わんばかりの

ため息をしたあとすぐに部屋に戻って行った。
今日配信とか撮影ないの?
なーくん
ない。
あっじゃあs
なーくん
今日は作業する。
あっ…そうなんだ、
なぁんだ。

せっかく久しぶりのデートにでも誘おうと思ったのに。