無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

805
2020/03/07

第10話

10話*_
¦ ここからは え ぬ ぼ か さんのりくえすと。 ¦
はぁーあ。

暇になっちゃったな、
めんばーのお家でもいきますかぁ。
📞~♪
数分後
さとみくん
もしもぉし
あっさとみくん。
今日空いてる?
さとみくん
あいてるけど、どした?
なんか暇だからあそぼっかなって。
さとみくん
あ、そしたら家くる?
さとみくん
今日はひなチャンと遊んであげようと思って。
おぉっいいね、

私もひなチャンさわりたいっ!
さとみくん
じゃあ今からでもきていーよっ
じゃあ今から向かいます、
さとみくん
りょ
📞 _
数分後
よしっじゃあ行こっかな、
コンコンコン
なーくん
はい。
あ、出かけてくる
なーくん
どこに。
めずらしい。

行き先を聞いてきた…
えっ?
コップに手を伸ばすなーくん、
さとみくん家
ガタガタッッ
えっ!
なーくん
ゲホッゲホッ
むせるなーくんと

なーくんの膝に大量にかかった水が、
大丈夫?
なーくん
なんでもない。
こぼしただけ、

そんなびっくりする、?
まぁ行ってくるよ?
なーくん
いってら
自分の膝をタオルで必死に拭きながらそう言った

玄関
いってきまーす
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _
主
一旦ここで区切ります、
主
え ぬ ぼ か さんのりくえすとは次でおわります。
多分。
主
私もだんだんシチュエーションが思い浮かばなくなってくるので
主
りくえすとどんどんお待ちしております。
主
(・ⅹ・)