無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3story
56
2021/07/30 09:25
コネシマ
なぁなぁショッピくん!(クソデカ声
ショッピ
うっ、うるさいです!くそ先輩
コネシマ
すまんすまん、あまりにも嬉しくて(えへへ
ショッピ
(かわいいなぁ…ほんとに…)
ショッピ
なんかあったんですか?
コネシマ
おぅ!兄さんにな、おそろのブレスレットを貰ったんや!
ショッピ
(ほんとだ.…ちゃんとつけてる…)
ショッピ
よ、良かったですね(●︎´▽︎`●︎)…
コネシマ
うん!(*´╰╯`๓)
ショッピ
(ほんとに…この人はどれだけ俺の心をえぐったら気が済むんだか…)
トントン
シッマ!
コネシマ
おぅ!どうしたんトントン?
トントン
兄さんが…兄さんが!
今でもあの時あの人がした顔を覚えている
トントン
車に…
トントン
撥ねられた…
ショッピ
えっ…
不意に俺が、くそ先輩の方を見た時には…
あの人は、声を出さず
目から、綺麗な雫を出して泣いていた…
それなのに…
俺は、少し嬉しかったのを覚えている





















最後の最後まで…