無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

第1章2話 吸血鬼の夜 ☪︎*。꙳
その日の夜。
あなた

もう時間だけど,める君来ないな……
やっぱり私,振られたのかな?

める
める
あなたサン!待った?
(。ノωノ)ごめんね……とつぜん夜中に呼び出して。
める
める
実はあなたサンに言いたいことがあるんだ
あなた

ん,待ってないよ!
言いたいことって何かな?

める
める
信じてくれないかもだけど,君は伝説の美しい夢と血を持つ「リンクル」って言うのなんだ
あなた

リ,リンクル……?

める
める
あのね……
くろの
くろの
は〜い,待った待った。
続きは僕が言うよ
あなた

え,なんで城ヶ崎先輩が……!?


彼は城ヶ崎じょうがさきくろの。
ひとつ上の先輩で不登校らしい。
くろの
くろの
めるってば,語彙力皆無なん??
める
める
ご,ごめん,ろのちゃん
あなた

(ろのちゃん!?あの二人ってそういう仲なのかぁ……!ԅ(*´﹃`*ԅ)グヘヘ)

くろの
くろの
リンクルの人間は一何時いつなんどき夢喰らいに襲われるか分からない。そのリンクルを守るのが,僕達だね。
あなた

ゆ,夢喰らいとは……?

くろの
くろの
人々の夢と希望を喰らい,血を全て抜き出す。僕達やリンクルの敵みたいなものかな

冗談で言っているのだろう。
そんなSF映画のようなことが有り得るわけがない。ましてやここは日本だ。
しかもリンクルって一体なんなんだ?
私を騙したいに違いない。もうイケメンに振られるのは二度とごめんだ。
あなた

私には出来ません……!

める
める
お願いだよ,あなたサン。
じゃないとリンクルや僕達は滅亡してしまうの!
あなた

無理だって!
そもそもリンクルってなんなの?私はそんなんじゃないよ〜!

くろの
くろの
こんな事をしても,そう言い切れる?
くろの先輩は,私に近づく。
める
める
待ってろのちゃん!!
僕がいるの忘れないでよ!
そして私の首筋をガブリと噛んだ。
くろの
くろの
ゴクッ……
あなた

く……ろの先輩……?

める
める
血を吸われながらごめんね
言うの忘れていたけど僕達は吸血鬼なんだ
あなた

……は!?

くろの
くろの
ねぇあなた。
僕だけを見て。
める
める
満月の夜は普通の人間だと思っていた者達が
吸血鬼に豹変する夜……
リンクルは,その者達に血を分け与えるお姫様のことだよ♪
あなた

ええ……

くろの
くろの
あなたの血,美味しかったよ
あなた

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
୨୧ 主 ୨୧
୨୧ 主 ୨୧
第1章2話,ご覧頂きありがとうございます⸜❤︎⸝‍
୨୧ 主 ୨୧
୨୧ 主 ୨୧
あなたちゃんが,リンクルだと分かり
吸血鬼に豹変する青年達。
୨୧ 主 ୨୧
୨୧ 主 ୨୧
まだまだキャラいっぱい出てきます!
吸血鬼逆ハーレムをお楽しみを……
ԅ( ¯ิ∀ ¯ิԅ)グヘヘヘ