無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

遥菜甘えん坊卒業!?
遥菜
遥菜
フエウッウグッヒクッ
宏太
宏太
遥菜どうした?
遥菜
遥菜
こわいゆめみちゃの
宏太
宏太
そっかでも、もう大丈夫でしょ?
遥菜
遥菜
うん、だっこー
宏太
宏太
ハイハイヨイショ下行こうか!
下には皆いた
子供たち
子供たち
おはよう〜
光
ご飯出来たよ!
子供たち
子供たち
はーい
それぞれ自分の席につく
宏太
宏太
遥菜は、ここね?はい、
遥菜
遥菜
いやっ!ゆーやのところいくー
雄也
雄也
うん?おいでー
遥菜
遥菜
コクッ(頷く)
(ちょこんと膝に座る)
圭人
圭人
今日は、怖い夢でも見たの?
宏太
宏太
圭人、正解!笑
裕翔
裕翔
マジ!カシャッ
遥菜
遥菜
ゆーや、あれとってー
(手を伸ばしておねだり)
雄也
雄也
これ?
遥菜
遥菜
うん!
雄也
雄也
はい、
慧
遥菜は、パン好きだねー
涼介
涼介
慧は、白米だもんね
朝の対決?
パンか白米か!みたいなね笑
その後、お腹いっぱい食べた遥菜でした!
子供たち
子供たち
ごちそうさま〜
大貴
大貴
今日は、俺洗うよ
光
ありがとう
宏太
宏太
侑李!ちょっと良いか?
侑李
侑李
うん、どうしたの?
宏太
宏太
この間山下が来たときあっただろ?あの時聞いたよ遥菜の事
侑李
侑李
あれね!結果、遥菜は何も言わず黙ったままだったの
宏太
宏太
そっか、
遥菜が人見知りになったのも
すぐ抱っこ、抱っこ言うのは俺らにも問題あるかもな(もう少し厳しくして見るか?)
侑李
侑李
お父さん、まさか厳しくしようとかって思ってないよね?
それ、僕出来そうにないよー
光
さっきから、2人で何コソコソしてんの?
子供たち
子供たち
(宏太、侑李、光以外)
そうだよ!
宏太
宏太
(皆に話すか〜)
今、遥菜は?
圭人
圭人
今、大貴と雄也と部屋で遊んでるよ
侑李
侑李
実は、・・・
お父さん、僕やっぱり無理だよ、、
宏太
宏太
この間、山下が来た日あっただろ?あの時山下保育園とは全く違うなって言ってただろ?
それに、半分は身に離さず抱っこしてたって言ってたし
涼介
涼介
確かにそれがどうしたの?
侑李
侑李
実は、その日保育園で
(保育園であったことを全て話す)って事があったんだ
裕翔
裕翔
そんな事が?
慧
それで、遥菜は?
まさか、黙ってたの?
侑李
侑李
その、まさかだよ、、
宏太
宏太
だから、少しで良い少しで良いから、少し厳しめに注意をしたり抱っこもなるべくしない方が遥菜のこの先の為だと思ってるんだ
涼介
涼介
分かった!出来る限りはやってみるよ!
雄也
雄也
何、話してたの?
光
雄也、大貴ちょっと良い?
侑李
侑李
遥菜、おいで!
涼介
涼介
おい、侑李!
侑李
侑李
あっ、(遥菜ごめん!)
あっちの部屋行こうか?
遥菜
遥菜
いや!パパらっこー
宏太
宏太
侑李とあっちの部屋行っておいで
その頃、
光
実はさ、(保育園であったこと、宏太ご話した事全て話した)って
事だから、出来る限りお願い
雄也
雄也
俺、無理かも、、笑
大貴
大貴
俺も、言われたらすぐにやっちゃう
侑李
侑李
遥菜、積み木で遊ぶ?
遥菜
遥菜
うん!
30分後
遥菜
遥菜
つぎ、おにんぎょうさんであちょぶー
侑李
侑李
積み木片してからね?
遥菜
遥菜
じゃあ、はるな、おにんぎょうさんもってくるからゆーりかたちてぇー
侑李
侑李
ダメだよ、自分で遊んだでしょ?
遥菜
遥菜
ゆーりもあちょんだじゃん!
侑李
侑李
お兄ちゃんもやるから一緒に
ねっ?
遥菜
遥菜
うん...
侑李
侑李
遥菜、偉いねー(´。•ω(•ω•。`)ぎゅー♡
これから、どうなる?



変なところで切ってすいません🙇