無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

お客さん
侑李
侑李
(ガチャツ)
ただいまー
子供たち
子供たち
(侑李以外)
おかえり
先生
先生
お邪魔します!
子供たち
子供たち
(宏太、光)
山下?/山下くん?
雄也
雄也
おぉー、山下くんじゃん!
慧
久しぶり〜
涼介
涼介
今日、朝、大丈夫でした?
先生
先生
半分くらい、身に離さず抱っこしてたよ
光
これから、よろしくね〜
(お茶を出す)
宏太
宏太
どうだ?遥菜馴染めそうか?)コソッ
先生
先生
うん、正直難しいかも)コソッ
それと、(保育園であった事話す)って事が起きた、、
宏太
宏太
えっ?
慧
お父さん!急に何?
光
えっ、あっうん、真逆の性格のあの二人も、結婚したんだねーって!ほんとに驚きだわー
光
バカっ!)コソッ
宏太
宏太
ごめん!それで?
先生
先生
侑李が必死に謝ってくれたよ
光
そう
遥菜
遥菜
パパーねんね
宏太
宏太
もう?お風呂は?
遥菜
遥菜
いやっ!はいんない!
光
バッチーよ?
大貴
大貴
じゃあ、一緒に入る?
遥菜
遥菜
うん
お風呂の中では無くて大ちゃんはドアの所から、シャワーを掛けてくれます
大貴
大貴
はい、脱いで万歳🙌
遥菜
遥菜
ばんざーい
大貴
大貴
シャワー掛けるよ
遥菜
遥菜
う、うん(目をつむる)
大貴
大貴
(ビビってんの?可愛いじゃん)
遥菜
遥菜
いやっ!
(家中響く)
圭人
圭人
何?
裕翔
裕翔
何事?
遥菜
遥菜
(இ௰இ`。)ウエーン
大貴
大貴
どうした?
(シャワーに手を伸ばす)
冷たっ!!
侑李
侑李
もう、大貴しっかり温度確認しないと〜
大貴
大貴
いや、さっきは暖かかったんだよ!
遥菜
遥菜
((´д`)) ブルブル…サムー
大貴
大貴
あー、ハイハイ
(温かいお湯をかける)
慧
もう、大貴気をつけてよ!
大貴
大貴
分かってるって!
遥菜
遥菜
だーいき、いれてー
(湯船に)
大貴
大貴
はい、ヨイショボチャン
遥菜
遥菜
だーいきピチャッピチャッ
大貴
大貴
うわ、何すんだよ〜
仕返しだ〜(シャワーで)
遥菜
遥菜
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
大貴
大貴
そろそろ出るか!
遥菜
遥菜
うん!
大貴
大貴
ヨイショ
遥菜
遥菜
クチュンッ
大貴
大貴
早く、拭かないと
はい、これ着て
遥菜
遥菜
だーいきボタンやってー
大貴
大貴
はい、これでよしっと!
光
はい、遥菜お茶ちゃんと飲んで
遥菜
遥菜
ゴクゴク(´Д`)ハア…
先生
先生
保育園とは全く違うな
雄也
雄也
人見知り激しいからな〜
遥菜
遥菜
ゆーり、おひざー
侑李
侑李
ハイハイおいで!ヨイショ
(膝の上に座らせる)
遥菜
遥菜
おちゃ、おちゃ!
圭人
圭人
はい、どうぞ
遥菜
遥菜
ゴクゴクプハァー
先生
先生
じゃ、俺はこれで!
宏太
宏太
おう!また、いつでも来いよ!
先生
先生
サンキュー遥菜バイバイ
遥菜
遥菜
お兄ちゃんバイバイ〜
(ゆーりに抱っこされたまま)