無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第113話

予防接種
雄也side




ただいま、小児科に来ております

何でかって?
遥菜
遥菜
ゆーや あっち))キッズスペース指さす
雄也
雄也
ぅん、ちょっとだけだよ?
遥菜が体調崩した訳でもないよ?
診察室から



??「イタイーうわぁぁん😭😭」

遥菜よりちょっと年上ぽいっ子が出てきた。

お母さんも 「はは、(^_^;すいません」ちょっと、気まずそうにあやしながら出てきた。




そう、今日は遥菜ちゃんの予防接種に来ました

なんで俺か?ってたまたま空いてたからw
看護師「あの、すいません こちらに今日の体温と不調なところがありましたら、お書きください。終わったら、受付までお願いします。」
雄也
雄也
あ、はい分かりました。
雄也
雄也
遥菜、ちょっとおいで?
遥菜
遥菜
?チョコン))雄也のとこ座る
雄也
雄也
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
俺は、遥菜の体温を測った




ピピピピ 36℃4分





「平熱」っと、
雄也
雄也
遥菜痛いところは?
遥菜
遥菜
なーい!
「特になし」っと
雄也
雄也
φ(..)カキカキ
俺は、受付に持ってった


数分後
看護師「薮さんー?薮はるなさんー?どうぞ、お入りください」
雄也
雄也
遥菜?行くよ?
遥菜
遥菜
だっこ!
俺は、遥菜を抱っこして診察室に入った
医師「まずは、胸の音聞くねー」
俺は、遥菜の服を捲りあげた
医師「次後ろお願いします」
俺は、遥菜の向きを変えた
医師「はい、次は腕出してね消毒するよー」
雄也
雄也
遥菜?俺の顔見てな?
看護師さんが遥菜の腕まくりしたり消毒したりしてる間に注射の準備が出来ていた。
泣かないと良いけど…笑
遥菜
遥菜
💉←・・(・ω・。) ジーッ
雄也
雄也
遥菜ー?俺の事みてー?笑
めっちゃ、針見てる…w
よく見れんなぁー俺無理だわ笑←
医師「それじゃ、いくよすぐ終わるからねー」
遥菜
遥菜
‪Σ( ˙꒳​˙ ;) 
あ、自分がやられると思ってなかったのね(^^;
医師「良い子だねぇーすぐ終わるからねーチクッ」
遥菜
遥菜
うわぁぁぁ😭
雄也
雄也
もう、終わるからねー
医師「よし、良いよ 頑張ったね 偉い、偉い」
遥菜
遥菜
。゚ヾ(゚`ω´゚ノシ゚。)ノシあ゙あ゙😭
雄也
雄也
もう、終わったじゃんー笑 
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
うん、さっきのお母さんの気持ちがよく分かる
雄也
雄也
ペコペコすいません、(^^;;
大丈夫、大丈夫
遥菜
遥菜
ギュッ ゆーやきらいーー‪(╥﹏╥)‬
雄也
雄也
抱きついてきて言うこと?笑
受付で支払いも終わってやっと帰れるー
なんか、疲れたわ笑


帰りアイスを買って機嫌とって帰りました笑笑