無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10日目
エイジ
はい、入っておいで~
あなた

ありがとう~借りるね!














エイジくんに服を借りて



お風呂にはいる 。


























エイジ
あなたちゃーん
あなた

はーい?



私は水を止めて ドア越しで会話をする




エイジ
洗濯物洗っちゃうよ〜?
あなた

あ、大丈夫だよ!持っ、、

エイジ
いいよいいよ 洗っとく〜
あなた

わかったありがとうね!

エイジ
うわ〜あなたちゃんのパンツエッチだあ、
あなた

な、なに考えてるの!エイジくん!!

エイジ
ふふっ なんも考えてませーんっ
あなた

エイジくんのド変態、、!!

エイジ
ひどくなぁ〜い?



ドアをほんの少しだけ開けて

こっそり覗いてみると
エイジくんは洗濯機に服などを入れていた


エイジ
そんなに見ないでよ俺の事〜
あなた

み、見てないし!

エイジ
分かってるよ??俺背中に目あるから☆
あなた

嘘だ〜!そんな人いないよ?!

エイジ
視線でなんとなくわかるでしょ?笑




















エイジくんはチラッと後ろを向く。

エイジ
ほら居た
あなた

くっ、、バレた!!

エイジ
も〜早くお風呂済ませてきて〜!!
あなた

はぁい 笑












































あなた

あっ、、、








お風呂から上がり服を着てると

下着がないことに気がつく。

洗っちゃったんだ 、、




あなた

まぁ、、いいか…




そのまま 仕方なくTシャツ、短パンを履き



リビングへと向かった