無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14日目
ツリメ
ただいま〜!!!






お米をといでいると
みっくんがドタドタと足音を立てて走ってくる




そして私の後ろにベッタリなのはエイジくん





エイジ
あなたちゃーん、、
あなた

なに〜?

エイジ
ちゅーして?
あなた

嫌だ

エイジ
ちゅーしてよ
あなた

嫌だ

ツリメ
こら!!そこを離れろエイジめ!
エイジ
嫌だよーん
あなた

ちょっ!!!

エイジ
ほーら見ろあなたちゃんの揉んでまーす☆
あなた

ねぇ、助けてみっくん、、!!

ツリメ
もー!!ずるいぞ!俺にも揉ませろ!
エイジ
嫌だ!!ぜっったい嫌!
ツリメ
じゃあ今すぐ離れるんだ!
あなた

頼むから…揉まないでっ…ん

エイジ
ここ硬くなってんじゃん…


みっくんには聞こえないように

耳元でそう囁くエイジくん 。
あなた

だ、だって…ぁっあ

ツリメ
え…なにAVでも始まった?
エイジ
みっくんに見せつけちゃうの?
あなた

ぜっったい嫌…

エイジ
力入らないんでしょ?笑
ツリメ
こーら!!えいちゃんやめな!
エイジ
ちぇ〜!
あなた

みっくんありがとう

ツリメ
いえいえっ、、それにしても
ツリメ
あなたちゃん声エロいね
あなた

やっぱ、男の人ってそーゆーことしか考えてないんだね。

エイジ
だってあなたちゃんがかわいいんだもん



また、エイジくんはキスをしてくる


今日で何回目か ……
あなた

もー!!もうキスはしないでよ!

ツリメ
俺もしたい!!
エイジ
しろしろ…ボソッ
あなた

聞こえてるよ?エイジくーん?

ツリメ
んじゃ、遠慮なくいかせて頂きます!!



頬に手を添えられ
唇を柔く噛むように何回も口を重ねられる




ツリメ
んっ…チュッ……
あなた

はあ…んんっ…

エイジ
うわ…
ツリメ
チュッ…ぁ



エイジくんより 長くて

けどあんまり慣れてない感じがする。














唇を離すと 私たちの間で出来た糸がひく









あなた

みっくん…///

ツリメ
俺のものにしたい、
あなた

かっこいいと思った、

ツリメ
え〜ほんと?うれしい
エイジ
俺が1番だろ?
あなた

みんないちばん!

ツリメ
もーあなたちゃんは俺の彼女ね
エイジ
いいや!俺の彼女!
ツリメ
俺!!!
エイジ
ぜっったい俺!!
あなた

私は誰のものでもないよ??笑

ツリメ
今好きなのは誰?
エイジ
さっき俺の事好きって言ってたじゃん!
あなた

だからみんな大好きだって〜

エイジ
くぅぅう…
ツリメ
好きって言わせたいよな、えいちゃん、
エイジ
だよな、、











なんか2人で作戦を練ってるし、
意味わからないからほかっとこ〜












にしても今日は色んなことありすぎ^^;