無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3日目
エイジ
ねーあなたちゃん!
エイジ
いらっしゃい!
あなた

おじゃまします〜

ツリメ
あー!噂のえいちゃんの彼女?
エイジ
まだ違うわ!!
あなた

…まだ??w

エイジ
あ、違う違う!えーっとね、うんそーゆーこと!!
あなた

どーゆーことなの?w

リクヲ
初めまして〜
あなた

初めまして!あなたです

リクヲ
話はえいちゃんからよーく聞いてます!
エイジ
余計なことは言うな
リクヲ
ってことです ww
ツリメ
そーらー!!えいちゃんの彼女きたよ!!
そら
今行くから待ってー!!!!!




そう言って扉から出てきたのは

髪の毛がばりばりセットしてあるかっこいい子
リクヲ
うっわ、、狙う気まんまん
そら
は?そんなわけ…
エイジ
これがそら これがツリメ これがリクヲ
そら
よろしく〜
リクヲ
リクヲでーす
ツリメ
みっくんってよんで!
あなた

あなたですっ

あなた

みっくん、リクヲくん、そらくん、

ツリメ
ふふっ、///
そら
かわいいな…
リクヲ
んね…
あなた

冗談は辞めてくださいよ?笑

エイジ
まぁ、座って座って!ゆっくり話そ~
そら
俺あなたちゃんの隣もーらい
ツリメ
はっ?!俺も!
あなた

わっ…!

エイジ
あなたを取り合わないで?



私をエイジくんが引き寄せた。


それより また私を呼び捨てで呼んでくれたことに

ドキドキが止まらなくて……










あーあ、戻っちゃった。
そら
じゃあ俺の上においでよ
リクヲ
そら話聞いてた?
そら
あへっ☆
エイジ
ざけんな 俺の上に決まってんじゃん
あなた

じゃあ私ここで…




一人用の椅子に腰をかける
ツリメ
賢い…!!
エイジ
じゃーあー、俺がいちばん近いここ!
そら
だめだめだめ!!俺!!
エイジ
俺の友達だし!!
そら
もう俺も友達!
エイジ
親友!!
そら
俺も!!
あなた

も〜…うるさいな!

あなた

2人ともそっち!
みっくんとリクヲくんがここでいい!

ツリメ
だよね〜
リクヲ
大人しくしてないからだ〜w
エイジ
くっそぉ、、
あなた

私の隣座っても特にいいことないじゃん

エイジ
いい匂いする
そら
顔を見てられる


2人は睨み合い ピリピリしている。
あなた

別にそんな…笑

あなた

仲良くして…?ね??

エイジ
うんっ、するする!
そら
するっ〜♪
リクヲ
チョロいな
ツリメ
雑魚〜雑魚〜
エイジ
ん"?
そら
あ"?
あなた

まぁ、落ち着いてよ!ね?

エイジ
そーだそーだ!
そら
ばーか!
あなた

またそーゆうこと言う、!喧嘩になるよ?

そら
もーごめんって!
リクヲ
なんであなたちゃんが怒ってんのw
そんなお世話させてごめんね〜ww
ツリメ
俺らが注意したらすぐ喧嘩になるしね〜
リクヲ
めちゃくちゃ助かるww
あなた

良く言うと賑やかで
いいんじゃないかな〜ww

































なんかお母さんになったみたいで… 笑