無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11日目
ちょっと🔞❔❔

















あなた

エイジくーん、、最悪だよ〜

エイジ
ん〜?どうした?
あなた

下着、、洗っちゃった!

エイジ
お、、、ってことは
あなた

ん??

エイジ
ノーブラ!!?
あなた

すぐそーやって、、!

エイジ
ちょっと待ってて~



台所にいって 手を濡らして戻ってくる



エイジ
ちょっと来て!ほらほら、
あなた

なになに、

エイジ
ちょーっと我慢してね〜




ちょうど 突起のところをなぞられ 、

水で濡れると シャツが透ける
エイジ
おぉ〜…///
あなた

ち、ちょっ!!!ばかなの?!!

エイジ
いいね、エロい!!
あなた

ねぇ、最悪〜笑

エイジ
なに、下も履いてないの?
あなた

…だって

エイジ
うひょ〜っ!!
あなた

へ、変な想像しないでよ…??

エイジ
しちゃうに決まってんじゃん、、笑





エイジくんは 下を手で抑えるとこう言う
エイジ
やべ〜勃っちゃった
あなた

…馬鹿かっ!!!

エイジ
ふふ〜っ あなたちゃん、シよ??
あなた

嫌だよ〜…

エイジ
お願いお願い!!
あなた

1人でしてきて!!

エイジ
そんなエロい格好で言われたらもうダメ





あっという間に腰に手を回され、唇が重なった



徐々に舌が入ってきて 、息が 苦しくなる 。
エイジ
チュッ……っ…ん
あなた

んんっ……はあ

エイジ
キスだけでそんな声出す?
あなた

苦しいもん、、

エイジ
かわいい声出しやがって…











私を優しくソファーに寝かせ、また キスをする






















甘い時間が始まろうとしていた 。