無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15日目
あなた

今日はオムライスでいいかな…?

エイジ
え、あなたちゃんの手料理?!
ツリメ
なんでもいい!絶対美味いじゃん!
あなた

じゃあ得意なオムライスにしよ〜っと!

ツリメ
いぇーい!
あなた

買い出し行ってくるね!!

エイジ
何か足りてないの?
あなた

私を抜いても、4人分の卵がなくて…

エイジ
卵だけなの?足りないの
あなた

えーっとね… あ、バターもだ!!

エイジ
おっけ〜じゃあ俺が買ってくるね〜
あなた

えぇ、悪いよ…私が行く!

エイジ
かっこつけさせてよ~ ね?
あなた

う、うん?じゃあお願いしようかな

エイジ
みっくんもいく??
ツリメ
ううん~俺はいいや
エイジ
そ、じゃあ行ってくるね~
あなた

気をつけてね??

エイジ
うんっ!


























エイジくんが買い物に行ってる間、

私たちはスマブラとやらをすることに 。








あなた

これ、操作どーやるの??

ツリメ
えーっとね、、





後ろから手が回ってきて、
私の手の上に手を重ねて操作説明をしてくれる。






ツリメ
ってなかんじ!!
あなた

ありがとう~ とりまやってみよ!

ツリメ
そだね!







第1戦目 。








ツリメ
まぁ、俺には勝てないと思うよ~
あなた

まだ1回目だし甘く見てよ~w
















結果 私が勝ち、
みっくんはずーっとしょんぼりしてる。







ツリメ
なんで?なんで?俺、初めての子に、、
ツリメ
わぁぁぁ、俺ってやっぱり弱いんだ、
あなた

多分違うよ!!w
みっくんの調子が悪かっただけでしょ?

ツリメ
違う違う!!…でもまぁ、、手加減はしてあげたかなぁ!!
あなた

じゃあ引き分けでいいんじゃない??w

ツリメ
そだね!!逆に俺が勝ったみたいなもんだ!
あなた

うん!!そーそー!









その後もスマブラを続け、1時間が経とうとしていた





ツリメ
ふぅ~疲れたね~
あなた

んね~結構盛り上がったねww

ツリメ
あ、、あと聞きたいことあるんだけど
あなた

今??ww どうした??w

ツリメ
さっきえいちゃんとヤったの??
あなた

…ん~まぁ、そんな感じ??

ツリメ
ふーん
あなた

これ みんなには内緒…ね?

あなた

3人の秘密にしよう?

ツリメ
まぁそーしといてあげる!
あなた

ありがとみっくん!!

ツリメ
困ったことあったら言ってよ??
ツリメ
えいちゃんすぐエッチなこと考えるし
あなた

ほんとスケベだよね、、

ツリメ
でしょ?!!俺よりももーっとスケベ!
あなた

私は下ネタ言わない人の方が好きよーー

ツリメ
ぴったりやん 俺とか
あなた

さぁね〜

ツリメ
なにそれちょっと!ひっど!!
あなた

www

あなた

よーっし!また勝負だ!!!

ツリメ
今度こそは…!!!



























__


全く浮上してなかった