無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1日目



1章 ___ 出会い


























すみません、ここいいですか?





あなたが座っていた目の前の席を指さす


その時はお店が混んでいたからか 、、
あなた

あ、大丈夫ですよ




あなたはコーヒーなどをどけ

机を片付ける

ありがとうございます 助かります!
あなた

っ…いえいえ、、///




とても優しい顔で笑って

かっこいいなぁ、なんて思ったり




その人はパソコンを開き 早速

カタカタと音を立てて 作業を進めていた






…僕の顔なにかついてます?w
あなた

えっ…?

そんなジロジロ見られたら…ww
あなた

あっ、ごめんなさい、、!

いや、全然いいんですけどね?w



その人はパソコンを閉じ あなたの目を見る





エイジ
僕、エイジって言います
あなた

エイジ…くん

エイジ
あなたは?
あなた

私はあなたです

エイジ
あなたちゃんね、よろしく
あなた

よろしくお願いします?

エイジ
LINE交換しない?
あなた

いいですけど、、

エイジ
やった〜 携帯かーして!
あなた

はい どーぞ!





LINEを開き エイジくんに渡す

QRを読み込んでくれて 友達追加した 。




エイジ
ありがとう〜っ
あなた

こちらこそ〜

エイジ
今何歳なの?
あなた

20!

エイジ
え〜俺の一個上
エイジ
でも来月20になるよ!
あなた

私は今月21になる〜

エイジ
くっそー!
あなた

なんか弟ができたみたい …ww

エイジ
弟?? せめて彼氏にしーてー!
あなた

彼氏…?w






エイジくんと話してると

時間が経つのは早くて早くて 。











すごい楽しい