無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

よみがえる恐怖
あなたside

今ね?司達と一緒に学校から帰ってたの。そしたらね?司が男の人にぶつかっちゃって。軽く謝ったの。けどね、男の人はね、骨折したから治療費払えとか、言うんだよ?いや、どんだけ骨弱いねんってね。←
ま、それで司と楓士雄が怒って、今喧嘩になってるの。それが、大声だし、小屋みたいな所で密室なの。
村山  ○○
村山 ○○
ヤバい…昔の記憶がよみがえる…ハアハアハア(バタッ)
高城司
!?あなた!
花岡楓士雄
!?あなた!
高城司
ちょ、楓士雄!村山さん呼んで!あと救急車も!
花岡楓士雄
OK!
男  おいおい。そんな奴ほっとけよ。
高城司
あ?うるせえんだよ。(思いっきり蹴る)
男  ウウッ(気絶する)
バンッ
村山良樹
おい!あなたは!?
花岡楓士雄
ここです!
村山良樹
今まで何があった?
高城司
(説明する)
村山良樹
大声、密室…それか。昔の事…思い出したのかな。(ボソッ)
花岡楓士雄
え?
高城司
え?
村山良樹
いや。とりあえず救急車を待とう。
花岡楓士雄
?はい。
高城司
?はい。
良樹side

今から過去の事話すわ。俺らの母親は、男遊びが激しかったんだ。それがバレた母親は、家を出ていった。それから父親は、女性恐怖症になって、あなたに暴力を振るった。しかも大声だし、小屋みたいなところの密室で。それを思い出したんだと思う。


作者です!短くてすみません!さあ!あなたの過去が明らかになりました。これからどうなるのか!