無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

事情聴取
村山良樹
なあ?「あの時の」とか、目が青く光った事とか、教えてくんね?
村山  ○○
村山 ○○
はぁ。分かったよ。まず「あの時」っていうのは、一回、学校からの帰り道でストーカーにあったんだよね。
村山良樹
はあ!?
花岡楓士雄
マジか!?
高城司
嘘だろ!?
村山  ○○
村山 ○○
司、マジだよ。
村山  ○○
村山 ○○
で、その時、速足で逃げてたんだけど、腕を掴まれて、その…キ、キスされて、で、とりあえず腹パンかまして逃げたんだけど、その時の恨み的な?感じで来たんじゃない?
村山良樹
キス!?
高城司
キス!?
花岡楓士雄
キス!?
村山  ○○
村山 ○○
まあ…
村山良樹
許さねえ。←
高城司
絞めて来ようかな。←
花岡楓士雄
上書きしようか…←
村山  ○○
村山 ○○
………うん。まあ。←
で、次、目が青く光ったのは、私にも分かりません!
村山良樹
分かんないんかい!
村山  ○○
村山 ○○
はい。分かりまてん。(真顔)←
高城司
まあ、結論!とりま、アイツを絞めて来よう!←
花岡楓士雄
賛成!!!←
村山良樹
賛成!!!←
※短くてすみません!